通院が無理な患者への支援|難病を治療するために有効活用される免疫療法|新しい治療法

難病を治療するために有効活用される免疫療法|新しい治療法

看護師

通院が無理な患者への支援

医者

無料サービスは増加中

腎臓病は完全に治療させることが難しく、多くの方を悩ませる病気の一つです。食事療法や薬物療法によって病気の進行を抑え生活を続けることも可能ですが、症状が悪化し腎臓がほとんど働かなくなった場合は、腎臓の代わりに身体の血液を入れ替える「人工透析」を行わなければいけません。透析をしなければ体内に毒素が溜まってしまい命に関わるので、一生向き合わなければいけない治療でもあります。近年、透析治療の送迎サービスを行う病院が増加しています。このサービスを利用することにより、自力での通院が無理な患者も入院することなく透析が継続できるようになります。車いすのリフトのアップダウンなど専門的な技術を身に着けた専任運転サービス士による送迎を行っているところも多く、透析患者にとって大きなメリットです。

利用者の負担も必要

近年、高齢化が進む中透析患者も高齢化が進み、足が不自由で歩行が困難だったり、認知症があったりと自力で通院できない透析患者が増加していくのは確実です。このような背景の中、送迎サービスへの需要も増加していきます。現在、無料サービスを行っているところが9割と多くあるのですが、病院側の負担は大きく、どこまで向かえに行くかどのような方法で送迎するかなどサービスの内容に制限を設けているところは多く、今後の無料運営に不安を抱えている病院も多くあります。送迎サービスは、患者の負担軽減だけでなく、患者の家族の負担も軽減できるので大きな恩恵があるので、今後、透析患者の送迎サービスを拡充していくためには、経費について利用者の経済的負担も必要とされ、現状の送迎はしてもらうのが当たり前という意識からの脱却が必要となってくると予想されます。